国際情勢・政治

「私はもう大量虐殺に加担しない」-米空軍隊員が抗議の制服姿で焼身自殺

出典:Prepare for Change|2024/02/27

パトリシア・ハリティー著 、

私たちの多くは、こう自問するのが好きです。それともジム・クロウ・サウス?それともアパルトヘイト?もし私の国が大量虐殺を行っていたら、私はどうしますか? 「答えは、あなたがやっているということです。今すぐ。” – これらは、現役米空軍隊員アーロン・ブッシュネル氏の言葉である。彼は昨日、イスラエルによる進行中の大量虐殺に抗議して、ワシントンDCのイスラエル大使館前で焼身自殺し、負傷により25歳で亡くなった。ガザで。アーロンの最後の言葉は「パレスチナを解放せよ」でした。

あまりにも多くの人々にとって、ガザ攻撃の恐怖はあまりにもひどいものであり、私たちの政府がそれを終わらせるための投票をしないことを選択していることを知ると、私たちは完全に絶望するでしょう。政府が野蛮な行為や罪のない民間人の死を無視するだけでなく、彼らを幇助し教唆しているという認識を持ちながら米空軍の現役隊員であることは、アーロンのように受け入れがたい人もいるに違いない。

負傷により亡くなったアーロン・ブッシュネルさんの最後の投稿は、「私はこれから極端な抗議行動をとろうとしているが、人々が植民地支配者の手によってパレスチナで経験していることに比べれば、まったく極端ではない。これが私たちの支配層が正常であると判断したことです。」

テキサス州サンアントニオに拠点を置くこの25歳の米軍人は、2020年から空軍に勤務し、IT管理のクライアントシステム技術者およびDevOpsエンジニアとして働いていた。彼は南ニューハンプシャー大学でソフトウェア工学の理学士号取得を目指していました。彼はまた、自分のスキルをソフトウェア エンジニアリングのキャリア分野に移すための SkillBridge プログラムも探していました。

伝えられるところによると、ブッシュネル氏は報道機関に「今日、パレスチナ人の虐殺に対する過激な抗議行動を行う予定だ」というメッセージを送ったという。また、同氏はその行為をTwitchでライブストリーミングしたと伝えられているが、Twitchはその後ガイドライン違反としてその動画を削除した。

体に液体をかぶってライターに手を伸ばした後、正体不明の法執行官や警備員が画面外で「助けてもいいですか?」と尋ねる声が聞こえた。自らに火をつけた後、彼は繰り返し「パレスチナを解放せよ」と叫んだ。

なぜ彼はこんなことをしたのか?

アーロンの悲劇的な死は主要新聞で報じられているが、新聞は彼の行動の理由を無視することを選択しており、ガザや虐殺についてさえ言及していない。

過激な抗議行為

アーロンの最後の言葉 – 「私の名前はアーロン・ブッシュネルです。私は米国空軍の現役隊員です。そして私はもう虐殺に加担しません。私は過激な抗議行動を起こそうとしている。」

「しかし、入植者の手によってパレスチナの人々が経験していることに比べれば、それはまったく極端ではありません。これが私たちの支配階級が「普通」だと判断したことです。パレスチナを解放せよ!パレスチナを解放せよ!パレスチナを解放せよ!パレスチナを解放せよ!パレスチナを解放せよ!…」

アーロン・ブッシュネルさん、安らかに眠ってください。

出典: https://expose-news.com