テクノロジー宇宙・地球環境

「黒い貴族」この星の全ての住民を支配する者たち(8)ナチスのマインドコントロール技術、シオニスト・サンヘドリン

黒い貴族の血族は地上を効果的にコントロールするためのネットワークを形成しています。”
COBRAアップデート:台湾会議報告および地球の状況報告 2018/5/31

..2017/07/11付 The Holy Grail of Who “They” Are That Rule Over Us All

13/32 、ナチスのマインドコントロール技術

オーストリアとハンガリーのパラヴィチーニ家、シュヴァルツェンベルク家、オルシーニ・ローゼンベルク家、ハプスブルク家の貴族は、ウィンザー家、フュルステンベルク家、ホーエンツォレルン家、ハノーファー家などのドイツ貴族とともにナチスの誕生に貢献しました。オーストリア系のアーノルド・シュワルツェネッガーは本当はシュワルツェンベルクで、父親のグスタフ・シュワルツェネッガーはオーストリアのナチスでした。

億万長者のジョージ・ソロスの本名はシュワルツで、ジョージ・ソロスの出身地であるオーストリアとハンガリー(ボヘミア)の一部を支配していたシュワルツェンベルク家の親戚でもあります。カレル・シュヴァルツェンベルク王子は、現在のチェコ共和国の政治家です。オーストリアとドイツの貴族は、エドワード8世の下でナチスを支援したウィンザー家と協力しています。

粒子加速器、HAARP、人工衛星、そして現代の電子機器は、大衆のマインドコントロールに使われており、ナチスをベースとした技術です。

シュワルツェンバーグのもう一人の親戚であるバーナード・シュワルツは、女優のカレン・エイカーズと結婚していたケビン・パトリック・パワーが経営していたオリオン・ネットワーク・システムズと合併したロラル・スペース・アンド・コミュニケーションズを経営している。Orion Electronics Ltdはハンガリーを拠点とするエレクトロニクス企業であり、マインドコントロールには最新の電子機器が使用されています。オリオン・システムズと合併したロラル・スペース・アンド・コミュニケーションズは、スカイネット・サテライト・コミュニケーションズとも合併しました。

スカイネットは、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「ターミネーター」に登場する人工知能の名前でもあります。SKYNETはNSAの監視プログラムの名前でもあります。ユタ州のNSAデータベースは、個人や大衆のマインドコントロールや操作に使われる電磁波を放射しており、アメリカ合州国の近代的な電子機器の全てを規制しています。

HAARPは、大規模なマインドコントロールや精神的影響にも使用され、USAFによって規制されています。これらの人工衛星や現代の電子機器は、大気を飽和させ、社会の心に影響を与えている人工知能を放射しています。王族や貴族は、イエズス会やフリーメーソンのエージェントを使って、これらのプログラムを運営する軍や諜報機関に潜入しています。

14/32、シオニスト・サンヘドリン

シオニストのサンヘドリンは、社会の数学的または幾何学的プログラマーである。シオンは、彼らが人工知能プログラムと呼ぶもので、社会に放射されています。

ローマは、司祭、ラビ、イマームを使って、メディア、ハリウッド、音楽で使用されるマインドコントロールのアルゴリズムとプログラムを開発しています。これらの幾何学的プログラムは、ワイヤレス周波数、最新の電子機器、およびスマートメーターや変圧器などの社会の電子グリッド全体から放射される電磁周波数でも使用されます。大型の電子ステーションは、幾何学的な印章を社会に放射しています。魔術では、六芒星と五芒星を縛り付けます。

HAARPは、大衆のマインド・コントロールにも利用され、幾何学的に設計されたプログラムを大気中に放射し、それが私たちの周囲に共鳴しています。バイブレーションは、原因と結果のように見られるものよりも大きな影響を与えます。これらの周波数を大気中に放射することは、水たまりに石を投げ入れるようなもので、波紋や効果を生み出します。

彼らは、彼らが「スマートダスト」と呼ぶナノ導電性粒子で電磁周波数を高めるなど、さまざまな目的でケムトレイルを使用しています。米軍はアンテナにスプレーを使い、ケムトレイルも同様に機能します。彼らは下層大気に人工的なマインドコントロールマトリックスを作り出しています。これがシオンの本当の姿です。Zionの主要なメインフレームはNSAデータベースであり、現代のすべての電子機器を操っています。USAF(米空軍)はHAARPを操っています

シオニスト・サンヘドリンのメンバーには、ラビ・ヨセフ・イツハクとラビ・デビッド・ラウ、その他のシオニスト・ラビがいる。イエズス会とフリーメーソンの高位のメンバーもメンバーです。サウジアラビアのイマーム・アブドゥル・ラフマーン・アル・スダイスとイタリアのイマーム・ヤヒヤ・セルジオ・ヤヘ・パラヴィチーニは、シオニスト・サンヘドリンの他の高位メンバーである。

ウィンザー家は紋章にハープを、パラヴィチーニ家はオーストリアの宮殿にハープをあしらっています。これらの家族は、米国空軍に潜入したフリーメーソンのエージェントを通じて、HAARPシステムに対する権限を持っています。

古代では、彼らは妖艶さのために詩や頌歌と一緒にハープや竪琴を使用しました。マインドコントロールや精神操作こそが、魔術の本質です。HAARPは、限られた程度で気象操作にも使用されます。ウィンザーはウィンドソーサラーであり、気象前線や竜巻を強化して社会を抑圧します。

アスケナージ・ラビのチーフ・デビッド・ラウは、非人間化や冤罪に使われるサディスティックな性的プログラムの開発を専門としています。彼らは悪魔崇拝の儀式を「獣の試練」と呼んでいます。

彼らのマインドコントロールプログラムの開発は、ゲマトリアまたは幾何学を使用して単語、フレーズ、および文を幾何学的に設計することと関係があります。音は幾何学的な振動を生み出します。これにより、呪文の威力が高まります。それは、疑いと不安定の波動に等しい弱い基礎の上に家を建てるという考えのようなものです。強力な幾何学的な基盤は自信と安定性を生み出し、これが彼らの呪文により多くの力を与えます。このイメージがそれを物語っています。教皇フランシスコはラビ・デビッド・ラウと握手を交わしながらニヤリと笑い、ラウはローマがこれらの呪文を開発するために彼にお金を払っているので、彼は喜んでそれをやっています。

ラビ・ヨセフ・イツハクは、冒涜の呪文を専門とし、「神」のふりをするなど熱心に行動します。ラビ・ヨセフ・イツハクは、非難、裁き、非人間化の呪文を考案します。呪文は、自分たちが「神の言葉」であるという偽りのふりをして機能し、このように人々を標的にします。彼らは、被害者に「神」が彼らを非難していると思わせることを意図して、非難の呪文で人々を放射します。シオニストのラビは、イエズス会と協力する諜報ネットワークを世界中に持っています。彼らは人々の情報を収集して心理的プロファイルを作成し、これらのプロファイルに基づいて呪文を設計し、ターゲットに使用します。これに狙われている人々の多くは、それが神であるか、あるいは宇宙人であると信じています。多くの被害者は「標的型」として知られており、これを研究したほとんどの人は、これらの攻撃を合成テレパシーと呼んでいます。


参考情報

物理的なマトリックスには主要な側面があり、それは物理的な監獄です。基本的な物理的なピラミッドは、約26000年前のアトランティスの後期に闇の勢力によって強制されました。このマトリックスは、一定の均衡状態、または特定の周波数の電磁場によって生成される非常に安定した定常波によって扱われます。古代アトランティスの物理マトリックスと他の層は、数十年、特に1996年以降に明らかになりました。

これはもう古い情報ですが、宇宙軍司令部の場所です。宇宙軍司令部はもはや空軍には存在しません。電磁フェンスが上空に存在します。これは上空とすべての地球外活動を監視するためのものです。基本的に、闇の勢力は銀河連合艦隊と光の勢力からの脅威を防ぎたいのです。これらの天文台は、物理的に上空のすべての活動を24時間365日監視しています。それらの名前は非常に興味深いです。「アセンション」「トゥーレ」「クリア」「モロン」そして日本にも「ミサワ」という名前のものがあります。電離層ヒーターを備えた物理マトリックスの別の層があります。それらは実際に地球の電離層に影響を与え、天候の異常を引き起こしています。この(アラスカ)のものは有名です。>>COBRA京都2023アセンションカンファレンス_35スカラー・マトリックス