国際情勢・政治宇宙・地球環境

「黒い貴族」この星の全ての住民を支配する者たち(4)マルタ騎士団・コロンナ犯罪一族

黒い貴族の血族は地上を効果的にコントロールするためのネットワークを形成しています。”
COBRAアップデート:台湾会議報告および地球の状況報告 2018/5/31

..2017/07/11付 The Holy Grail of Who “They” Are That Rule Over Us All

7/32 国家主権を持ったマルタ騎士団

マルタ騎士団(SMOM)は世界最古の騎士団であり、ローマのパラッツォ・マルタに拠点としています。マルタ騎士団は国連の国際法で国家と同様の主権を認められています。イタリア国内に治外法権の領土を持っています。マルタ騎士団のメンバーは世界中の王族にいます。

他の騎士団との一番の違いは、主権を持っている点にあります。さらにマルタ騎士団はバチカンより大きな権限を持っています。

スペインのフアン・カルロス1世ルクセンブルク大公アンリカール・ハプスブルク=ロートリンゲンベルギー国王フィリップ・ド・ベルジック、ベルギー王妃パオラ・ルッフォ・ディ・カラブリア、元オランダ女王ベアトリクス、エルサレム国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア、バイエルン公フランツ・フォン・バイエルン、パルマ家のカルロス・ハビエル・デ・ボルボン=パルマエリザベス・フォン・トゥルン・タクシス、リヒテンシュタイン公国相続人アロイス・フォン・リヒテンシュタイン、オランダ外交官ハイメ・デ・ボルボン=パルマはマルタ騎士です。カルロ・マッシモはイタリアのマルタ騎士団協会の総長であり、マルタ騎士団の監督をしています。現在のマルタ騎士団のグランドマスターは、ルドウィッグ・ホフマン・ルメルステインです。

マッシモ家、シチリア・ブルボン家パラヴィチーニ家、ルスポリ家はマルタ騎士団を支配しており、その中の上級メンバーに「主権」を褒美として与えています。オーストリア貴族はイタリア貴族と同盟関係を持っています。

マルタ騎士団は世界一の軍事評議会です。

Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto、司法官Albrecht Freiherr von Boeselager、聖ヨハネ騎士団Dominique Prince de La Rochefoucauld-Montbel、財務省の Janos Esterhazy de Galantha伯などがいます。ロシュフコー(Rochefoucauld)はフランス語で貴族(peerage)を意味します。エステルハージ家(Esterhazy)はオーストリアの貴族です。

マルタ騎士団とグルになって働くオーストリア貴族がいます。オーストリアのロブコウィチュ家のエドゥアール・ド・ロブコウィチュはマルタ騎士団の外交官でした。オーストリア系のハプスブルク家には多くのマルタ騎士がいました。Galeas von Thun und Hohensteinはマルタ騎士のグランドマスターでした。ファシストやナチスを作り出し、第一次世界大戦や第二次世界大戦を勃発させたのはマルタ騎士団でした。

アメリカの保守派コメンテーターのウィリアム・フランク・バックリー・ジュニアはマルタ騎士でした。別の保守派政治コメンテーターのパット・ブキャナンもマルタ騎士でした。実業家、政治家であり、カウンシル・フォー・ナショナルポリシーのメンバーでもあったJ・ピーター・グレースもマルタ騎士でした。ドイツ国首相であったフランツ・フォン・パーペンもマルタ騎士でした。ドワイト・D・アイゼンハワーは歴代アメリカ大統領の中では、唯一マルタ騎士であると知られた人物です。

ジョージW.ブッシュ政権下で国防省の監察官を担当したジョゼフ・E・シュミッツはマルタ騎士です。彼はアカデミに改名した軍事企業である旧ブラックウォーター社の重役です。

ジョセフ・シュミッツはイエズス会大学のジョージタウン大の教授であり、ドナルド・トランプの選挙戦で政治アドバイザーとして働いていました。

8/32 コロンナ犯罪一族

コロンナ家は常にバチカンの教皇の傍に立ってきました。

自らを古代ローマ帝国のユリウス・クラウディウス朝の、Peter de ColumnaやCounts of Tusculumの直系の子孫と名乗っています。

コロンナ家の紋章にはコラム(柱)があしらわれています。政治的権力を表しています。ギリシャ語で柱を意味する、kolonaが語源です。コロンブスやコロンボといった名前も、Peter de Columnaにその名の由来があります。アメリカ大陸はローマのものと主張したクリストファー・コロンブスも、コロンナ家の親族でした。コロンブスはジェノヴァで生まれ、コロンナ家と姻戚関係にあったドリア銀行一族に資金提供を受けました。コロンボ一家やいくつかのユダヤ系マフィア派閥を支配するコロンナ家は、ハリウッドやコロンビア・ピクチャーズ社にも及んでいます。コロンナ家が支配するコロンブス騎士団は、ローマのfascesのシンボルをロゴとして使用しています。

(訳注: 写真のように、両脇にfascesのシンボルが飾られています。アメリカそのものをローマが支配している象徴です。)

警察や政府機関の職員にもコロンブス騎士団員は多く存在しています。コロンナ家は警察だけでなく組織犯罪にも加担しています。マフィア五大ファミリーはイタリア貴族のための秘密ビジネス企業であり、政治家を脅す際に使っています。

シリコンバレーを作り出したジェリー・コロンナは、ニューヨークからの資本金提供者でした。Flatiron Partners社という小さな投資信託会社をJPモーガン・チェースなどの会社と提携することによって巨万の富を得たと言われている人物です。

この記事の著者がジェリー・コロンナについて言及すると、いつも攻撃を受ける為、彼が組織犯罪グループに守られているということが分かります。コロンナ家は慣習的にカンピドリオを支配しています。そこはローマ帝国の政治力を象徴する場所です。そこにあるコラム(柱)は土地所有を支える政治的支持力を意味しています。ワシントンDCはローマ建築物であり、中央集権という意味のローマのfascesのシンボルがあちこちに見つけることができます。

キャピトル・ヒル(Capitol Hill 訳注: 米国国会議事堂がある小さな丘のこと)はローマのカンピドリオ(Capitoline Hill)から名をもらいました。そして1669年にはワシントンDCはローマと呼ばれていました。

コロンナ家のメンバーにはPrince Oddone Colonna、Prince Stefano Colonna di Stigliano、Prince Prospero Colonna di Stigliano、Prince Prospero Colonna di Paliano、Prince Marcantonio Colonna di Paliano、Prince Urbano Riario Sforza Barberini Colonna di Sciarra、ジェリー・コロンナ、そしてミラノ大学のステファノ・コロンナなどがいます。こちらはパラッツォ・コロンナの写真です。

2枚目の写真はワシントンDCのNational Capitol Columnsの写真です。どちらの場所も、柱が政治的権力を表しています。ミット・ロムニーはアメリカの政治家の中でも有力です。ロムニーという名前はローマから来ています。イギリス貴族の中にもロムニーという名前が見られますが、いずれもローマに起源を持っています。ローマという名前はロムルスの神話に由来しています。ミット・ロムニーは、今日のローマ帝国とアルバ王国の番人のような存在です。

コロンナ家はアルバ王国に起源を持ち、ユリウス・クラウディウス朝の子孫だと主張しています。ミット・ロムニーはモルモン教会の権威で、億万長者です。モルモン教の創設者であるジョセフ・スミスのようなニューヨーク出身のフリーメーソンがいますが、フリーメーソンもモルモン教も「ミツバチ」のシンボルを使っています。コロンナ家はバルベリーニ家とも合併し、バルベリーニ家の紋章にはミツバチが描かれています。

ユタ州会議事堂の前にはミツバチの巣の像があり、柱を持った建物に組み込まれています。モルモン教はユタ州に拠点を置き、同州の政治にも大きな影響力を持っています。

Prince Urbano Riario Sforza Barberini Colonna di Sciarraを見るとお分かりのように、バルベリーニ家はローマカトリック教会の教皇や枢機卿を排出しています。

フリーメーソンのミツバチの巣のシンボルは、不正金融システムによって人々からお金を盗み、独占しているという意味です。

再掲載:https://hontougaitiban.fc2.net/blog-entry-2425.html