メディア意識・思想・文化

「黒い貴族」この星の全ての住民を支配する者たち(12)イルミナティの策士 2パック

黒い貴族の血族は地上を効果的にコントロールするためのネットワークを形成しています。”
COBRAアップデート:台湾会議報告および地球の状況報告 2018/5/31

.2017/07/11付 The Holy Grail of Who “They” Are That Rule Over Us All

20-32、イルミナティの策士・トゥパック

トゥパック・シャクールは西海岸と東海岸の対立を煽り、ギャング抗争を巻き起こして多くの死をもたらしました。

これはすべてギャングの暴力を増大させる目的で画策されたもので、トゥパックはそれに完全に加担していました。 元バレリーナのトゥパック・シャクールは、ギャングスターのラッパーに転身し、多くの実際のギャングを怒らせたことから彼は攻撃されました。 恐怖のあまり、トゥパック・シャクールは死を偽装し、キューバに潜伏しました。

トゥパックは、イタリア貴族の戦術家であり、「王子」と「孫子」という2冊の有名な本を書いたニッコロ・マキャベリにちなんでマカヴェリというニックネームを使用しており、マキャベリは彼の著作の中で、イタリアの諸侯に、公国の人々の支持を失った場合、死を偽装して別の場所でやり直すべきだと提案しています。ニッコロ・マキャヴェッリは、ファルネーゼ家がフィレンツェの軍隊に関わっていた頃、フィレンツェ軍で働いていました。マキャベリは、初代カストロ公爵ピエール・ルイジ・ファルネーゼの代理人だったようです。

キューバのカストロ家は、後にスペインに定住したファルネーゼ・カストロ家の子孫です。フィデル・カストロの父親は、スペインからキューバに移住したアンヘル・カストロ・イ・アルギスであり、ファルネーゼ家は教皇パウロ3世の下でイエズス会を設立し、フィデル・カストロはイエズス会の教育を受けました。

トゥパック・シャクールはキューバに潜伏し、キューバのラッパーとして知られる「ブラック・ヘイズ」という偽名を使っていました。Blac Hazeは、トゥパックであるため、トゥパック・シャクールにそっくりに聞こえます。エミネムは、ある曲の中で「ヒップホップは、2パックがキューバに引っ越して以来、同じではなかった」と述べています。

トゥパック・”マカヴェリ”・シャクールは、ローマが異端者として宣言した人々に対する戦争のために、バチカンのトップ軍事戦術家として働いてきました。トゥパックは非常に邪悪で、オッタヴィアーノ・デ・メディチ王子やファルネーゼの血を引くブルボン二シチリアのカルロ王子など、殺人的で悪魔的なイタリア貴族のために進んで働いています。

マイケル・ジャクソン、プリンス、ポール・ウォーカーのように、多くの俳優やミュージシャンが死を偽装し、身を隠しています。聞くところによると、ミュージシャンのプリンスはコスタリカに潜伏していて、子供を生贄に捧げることに関わっているそうです。娯楽業界は、トゥパックやプリンスのような小児性愛者や、社会に対する幻想が取り除かれるにつれて調査されることを恐れる他の悪魔崇拝者でいっぱいです。

トゥパック・シャクールのアルバム「マカヴェリ」はニッコロ・マキャベリのためのもので、ジャケットには十字架に釘付けにされた姿が描かれており、死から蘇ることを暗示しています。死んで復活することは、トゥパックの歌詞に共通するテーマであり、まるで彼が死を偽装して、ある種の救世主として戻ってくることを計画しているかのようです。トゥパックが救おうとしているのは、イタリアの貴族とその人身売買マフィアだけです。

Google翻訳


関連過去記事

2014年1月12日付 Cobra
アルコン追放の最新情報より

光の勢力により、舞台裏で徹底した秘密管理のもと、ある重大な作戦が実行に移されました。本作戦が完了するまで、重要な内部情報を明かすことは、一切禁じられております。そのため、おなじみの福島詐欺とディナールにからんだRV(通貨の評価替え)詐欺以外は、「何事も」起こっていないように見えるのです。

本作戦について私が言えるのは、次のことだけです。この作戦が、残りのすべてのアルコンを、地球惑星から追放することに関わっていること。そしてまた、そもそも数百万年も前に、闇が銀河中に広まった、真の原因を取り除くことに関わっていること。

物質的プレーンでは、現在のアルコンの指導者は、ローマからそう遠くない、小さな田舎町で今は暮らしています。彼は1995年に、ベローナに近い、地下深くにある軍事基地のポータルから、地球に侵入しました。アセンションと惑星解放 ―当時は機運が完全に熟していました― を阻止するためです。そして1996年における、コンゴのアルコン侵略を企てました。当然ながら、彼はイタリアの黒い貴族に属していません。けれども、彼はそのような連中とは、とても強く結びついており、イエズス会のネットワークとも、下記の三つを中継ぎとして繋がっていました。

http://www.orderofmalta.int/around-the-world/10689/holy-see/?lang=en

http://orderofmalta-malta.org.mt/wp/wordpress/home/

http://www.smomembassytoslovenia.org/contactus.html

彼の今の役割は、地球惑星を隔離された状態のままにし、「何かが起こることを阻止する」ことです。

主要アルコンである黒い貴族の家系のうち、依然として注意が必要なのは、ファルネーゼ家、オルシーニ家、Aldobrandini家、キージ家です。

ファルネーゼ家はカバールの主立った策士で、ボルハ家の助けを少し借りて、イエズス会を創始しました。1540年のことです。その直後、ローマに近いカプラローラに、最初のペンタゴン式宮殿を建設しました。

内部には「地図の部屋」があり、16世紀、17世紀の世界の運命を描いていました。

16世紀の地図に、南極大陸があることは興味をひかれるところです。正式には1770年に「発見された」のですから。その頃、ファルネーゼ家は次のことを決断していました。イエズス会士アダム・ワイスハウプト(ヴァイスハウプト)を使い、イルミナティを創設し、ロスチャイルド家に権力を与え、ファルネーゼ家の権力の座をワシントンDC.に移すことです。彼らはそこに、2番目のペンタゴンを建てました。ラリー・ファルネーゼ上院議員が、その家系から出ていることも面白いところです。

http://www.senatorfarnese.com/

オルシーニ家は、レプタリアン種族と非常に強い繋がりがあり、物質的アルコンと非物質的アルコンの、主なつなぎ役となっています。レプタリアン種族とローマカトリック教会との間の条約を作ったのは、この連中です。ずっと昔、彼らの主要ポータルは、ピティリアーノの地下トンネルにありました。そのトンネルシステムは、オルヴィエートまでずっと続き、オルヴィエートの地下室にヴァチカンのゴールドを貯蔵していました。オルシーニ家は、2010年5月の光の勢力の大作戦で、大きく力を失いました。ミッション・ブルー・シールドと名付けられた作戦です。

アルドブランディーニ家には、数百万年前にソースから分離する経験を選択した、もともとのグループのメンバーがいます。彼らの所有物には、秘密の書があり、アトランティスの存在について、そしてアトランティスのミステリースクールの儀式が断片的に書かれてあります。この家系は、女神のエネルギーの重要性に気づいています。この家系については、ある事実があり、イベント後に公にされます。多くの人を驚かせることでしょう。
全文⇒コブラ:2014/1/12付-アルコン追放の最新情報