国際情勢・政治

12,000人以上のガザの子供たちが殺害され(1日あたり250人)、数千人が行方不明 – 122日目

出典:ISRAEL-PALESTINE NEWS

デイル・エル・バラのアル・アクサ殉教者病院で負傷した乳児(写真

ガザの子どもたちは死に瀕している;イスラエルによる人道援助の妨害、爆撃;ラファの災難;イスラエルはUNRWA職員に対して「その主張を裏付ける証拠を提供しない」;ヨルダン川西岸のパレスチナ人は、世界のレーダーの下で「残忍な暴力の波」を経験している;さらなる違法入植者住宅が建設中;イスラエルの企業家は、戦後のガザに植民地主義的な新都市を構想している;議会の法案は、イスラエル援助に140億ドル、パレスチナ人に140億ドルを計上する;バイデンはネタニヤフ首相を「悪いファックガイ」と呼んだ。 バイデンはネタニヤフ首相を “悪い奴 “と呼んだ。

IAKスタッフによる報道より

アルジャジーラの報道によると、国際児童防衛協会(Defense for Children International – Palestine)によると、10月7日以来、ガザでは12,100人以上の子どもたちが殺害された。瓦礫の下で行方不明になっている人がまだ8000人以上いることを考えると、この数はさらに増えそうだ。

「10月7日以来、イスラエル軍による継続的な砲撃の結果、毎日平均250人の子どもたちが殺されている。これは前例のないことで、戦争が起きている世界のどの場所でも起きていないことです」と、カレド・クズマール事務局長はアルジャジーラに語った。

OCHAの報道:: 月曜日、ガザ北部への移動を待っていた人道援助車列が銃撃を受けた。死傷者はなかった。

日曜日、ガザ市南部のアル・クウェート環状交差点近くで人道援助トラックを待っていた人々の集団が発砲されたと伝えられている。人道支援物資を入手するために集まった人々に対する銃撃疑惑が報告されるのはこれで5回目となる。
.
1月には、ガザ北部で計画されていた人道援助ミッションの56%(61件中34件)と中部地域で計画されていたミッションの25%(114件中28件)がイスラエル当局によって立ち入りを拒否された。


パレスチナ・クロニクルの報道 : イスラエルがガザ地区への人道援助を許可し始めて(2023年10月21日)以来、ガザに入った援助トラックの数は9,831台で、1日当たり94.5台に相当する。これらのトラックには、食料、水、救援物資、医療品、医薬品が含まれていました。

戦前、ガザには1日あたり500台の人道援助トラックが入っていた。
.
この減少は、荒廃したガザが救命薬、食料、さらには水などの重要な物資をさらに必要としているときにさえ起こっている。


アンダルー通信社の報告:月曜日、ガザ地区で食料輸送船団がイスラエルの艦砲射撃を受けたと国連パレスチナ難民機関UNRWAが発表した。この攻撃による負傷者はいなかった。

同庁は「銃撃の下では人道支援を届けることはできない」と述べた。 「ガザ北部を含むあらゆる場所で、安全で持続可能な人道的アクセスが緊急に必要とされています。」

ガザ北部への移動を待っていた食糧輸送船団がイスラエル海軍の砲撃を受けた
写真

アルジャジーラのタレク・アブ・アズームがラファからの報告: 南部の都市ラファ、特に東部で軍事攻撃が顕著に増加している。イスラエル軍はすでにラファの家屋、農地、主要インフラを攻撃している。その結果、ここのパレスチナ人は完全に怯えている。

人々が恐れているのは、ガザ北部やカーン・ユーニスなど、イスラエルが以前活動していた場所に戻れなくなることだ。
.
ラファは、街路、公園、住宅、建物など、避難民であふれかえっている。
.
国連決議がガザへの人道援助の増額を呼びかけているにもかかわらず、物価が高く、基本的な品物が不足しているため、人々は家族のために一食を確保するのにも苦労している。
.
OCHA によると、ラファはすでにガザの人口の半分以上を受け入れており、10月7日以前は人口の5倍を受け入れていたと推定されている。

ガザ地区南部ラファのアブ・サレハ家の瓦礫の中から生存者を探す人々、2024年2月5日
写真

英国の公共放送チャンネル4ニュースは、UNRWA職員が10月7日のテロ攻撃に参加したという主張の根拠となっているイスラエル情報機関の文書について、「UNRWA職員がイスラエルへのテロ攻撃に関与したという爆発的な新主張を裏付ける証拠は何もない」と述べた。

チャンネル4ニュースによると、この文書には、「戦闘の過程で押収された情報、文書、身分証明書から、UNRWA職員として勤務するハマスとPIJのテロリスト工作員約190人にフラグを立てることが可能になった。10月7日には10人以上のUNRWA職員が参加した」。
.
スカイ・ニュース』や『フィナンシャル・タイムズ』(FT)など、この極秘報告書を入手した他の報道機関も、提示された証拠の強度に疑問を表明し、同様の結論に達した。
.
権利擁護者たちは、UNRWAへの資金提供は、ガザや地域全体の何百万人ものパレスチナ難民の人道的危機を悪化させると警告している。
.
イスラエルは長年、パレスチナ難民に対するUNWRAの人道支援を解体し​​ようとしてきた。 UNRWA職員13,000人中12人の有罪を証明したとされるイスラエルの6ページの文書は、説得力のある証拠を提供していないが、強国は同組織への財政支援を停止していると伝えられている。

WEST BANK: アムネスティ・インターナショナルの報告: 世界の目がガザに注がれる中、イスラエル軍は過去4カ月にわたり、占領下のヨルダン川西岸でパレスチナ人に対して残忍な暴力の波を解き放ち、必要性や不必要な致死性の武力の使用などを含む違法な殺害を行ってきた。アムネスティ・インターナショナルは、抗議活動や逮捕襲撃の際に不当に多くの暴行を加え、負傷者への医療援助を拒否したと述べた。

同組織は、イスラエル軍が違法な殺傷力を行使した4件の象徴的な事件(10月に3件、11月に1件)を調査し、その結果、子供7人を含む20人のパレスチナ人が不法に殺害された。
.
研究者らは12人に遠隔で聞き取り調査を行い、そのうち10人は初動対応者を含む目撃者と地元住民であった。同組織の危機証拠ラボは、これら4件の事件を調査するにあたり、19本のビデオと4枚の写真を検証した。
.
アムネスティ・インターナショナルの調査では、イスラエル軍が生命を脅かす傷を負った人々への医療援助を妨害し、救急隊員を含む負傷したパレスチナ人を助けようとする人々を攻撃したことも判明した。 (レポート全文はこちらからお読みください。)

WEST BANK:  タイムズ・オブ・イスラエル紙の報道:2月5日、イスラエル軍はアルエイザリヤ町(エルサレム)の入り口で14歳のパレスチナ人少年を射殺した。ビデオ映像には、少年がナイフを取り出して国境警備隊員を刺す様子が映っていた。彼は逃走する際に背中を撃たれた。イスラエル警察3人が現場にいたが、この事件による負傷者はいなかった。

これとは関係のない事件として、イスラエル南部ベールシェバで別のパレスチナ人男性がイスラエル警察官の武器を奪おうとした疑いで射殺された。容疑者は事件当時酒に酔っていた可能性があるが、当局はテロ未遂としては扱っていない。

デリ・アル・バラの破壊されたモスクの瓦礫の中から遺体と生存者を捜索するパレスチナ人
写真

Electronic Intifadaの報道: イスラエルの起業家が、領土の将来のための計画をヨーロッパの企業に売り込んだ。

あるいは、サイェレット・マトカルエリート特殊部隊のイスラエル予備役士官であるボコブザは、10月から11月にかけて数週間ガザに派遣された。

ニューヨーク市に住み、ベンの最高責任者であるボコブザ氏は、「2005年以来、すべての戦争」に参加している。

計画ではイスラエルが征服・支配すると想定しているガザ地区は2つのゾーンに分割されることになる。北部地域ではパレスチナ人の協力者は比較的快適に暮らすことが許される一方、イスラエルの主人への奉仕や従うことを拒否する者は南部の「恐怖地域」に追放されることになる。
.
電子インティファーダは、このいわゆる「後日計画」のコピーを確認しました。
.
このピッチは、 ガザを含むパレスチナの隅々まで征服し、支配したいという根底にある願望を明らかにしている。 (記事全文はこちらからお読みください。)

先月、ガザ市で援助トラックから小麦粉の入った袋を運ぶガザ住民。
写真

アルジャジーラの報道:ホワイトハウスが支持する超党派の上院法案は、UNRWAへの援助を打ち切ることになる。

1180億ドルの対外援助法案はイスラエルに140億ドル以上を提供することになるが、事前に承認された資金を含む資金をパレスチナ難民に対する国連援助機関に寄付することはできないと具体的に述べている。
.
バイデン政権は人道支援に割り当てられた100億ドルのうち14億ドルがガザ地区のパレスチナ人に充てられると予想している
が、国務省のヴェダント・パテル副報道官は、その資金は世界食糧計画やユニセフなどの他のパートナーに振り向けられるだろうと述べた。
.
パテル氏は「UNRWAがどれほど重要であるかについて私たちは世間知らずではなかった」としながらも、「他のNGOや他のパートナーを通じて重要な活動を継続できると信じている」と述べた。
.
提案された法案には次のように書かれています。

ジョー・バイデン大統領は、2023年9月22日金曜日にローズガーデンで開催されるイベントに出席します。
写真

Politicoの報道: バイデン大統領と話したことのある人物によれば、バイデン政権や脈のある民主党議員の誰もがそうであるように、バイデン大統領もベンヤミン・ネタニヤフ首相を深く疑っている。

(バイデン報道官のアンドリュー・ベイツ氏は「大統領はそんなことは言っていないし、これからも言わないだろう」と述べ、両首脳は「公私ともに敬意を持った数十年にわたる関係」にあると付け加えた。)


NBCニュースの報道: 新しい世論調査データによると、11月の大統領選挙を前にジョー・バイデン米国大統領の支持率が下がり続け、37パーセントという過去最低を記録した。

米国の有権者の間で大きな争点の1つはイスラエルのガザ戦争で、世論調査によるとバイデン氏の紛争対応を支持する人は10人中3人未満だった。さらに、35歳未満の有権者のうち彼のアプローチを支持したのはわずか15パーセントで、70パーセントが不支持だった。


ロイター通信の報道: ICJがイスラエルに対し、パレスチナ人に対する虐殺行為を阻止し、民間人を助けるためにさらなる努力をするよう命令したことを受けて、日本の伊藤忠商事の航空部門は、イスラエルの防衛企業エルビット・システムズ社と の戦略的協力を今月末までに終了する予定である。

伊藤忠アビエーション、エルビットシステムズ、日本エアクラフトサプライ(NAS)は昨年3月に戦略的協力覚書(MoU)を締結した。
.
伊藤忠商事の八村剛最高財務責任者はこう語る。「1月26日の国際司法裁判所の命令と日本政府が裁判所の役割を支持していることを考慮し、我々はすでに覚書に関連する新たな活動を停止しており、2月末までに覚書を終了する予定だ」

出典