国際情勢・政治

なぜ、今、ハマスがイスラエルに奇襲?(解説 及川幸久氏)

2023.10.8
イスラエルとサウジアラビアの歴史的関係正常化の直前に何が起きているのか?【及川幸久−BREAKING−】

イスラエル、サウジとの関係正常化は近い=ネタニヤフ首相

2023/09/23|Reuters

イスラエルのネタニヤフ首相は22日にニューヨークでの国連総会で、サウジアラビアとの関係正常化が近づいていることを確信していると表明した。(2023年 ロイター/Brendan McDermid)

[国連 22日 ロイター] – イスラエルのネタニヤフ首相は22日にニューヨークでの国連総会で、サウジアラビアとの関係正常化が近づいていることを確信していると表明した。

一方、ネタニヤフ氏はパレスチナ人に拒否権を与えるべきでないと主張した。サウジや米国は、パレスチナ人を関係正常化のプロセスに参加させるよう求めている。

イスラエルがサウジとの関係を正常化する可能性があるとの期待は今週高まった。サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は関係正常化へ向けて日に日に合意に近づいていると言及。ネタニヤフ氏とバイデン米大統領は会談で、イスラエルとサウジの関係正常化を巡って協議した。

ネタニヤフ氏は「私たちはさらに劇的な突破口に近づいていると確信している。それはイスラエルとサウジの歴史的な和平だ」と訴え、「バイデン氏の指導力で私たちはサウジとの和平を実現できると信じている」とも語った。

ネタニヤフ氏は、パレスチナ人との何らかの融和を模索する意向を示しつつも「アラブ諸国との新たな和平条約を巡ってパレスチナ人に拒否権を与えてはならない」と主張した。